シリコンバック豊胸の美容整形について

半永久的に胸のサイズを大きくしたい方や
授乳後のしぼんだ胸にハリを持たせたいという方にお奨め!

シリコンバッグ豊胸の効果

シリコン製の豊胸バッグを胸に挿入することで、胸のサイズを大きくさせる施術です。

「生まれつき胸が小さい」「授乳後の萎んでしまった胸にハリを持たせたい」「ダイエットで胸がサイズダウンしてしまった」という方に非常にお奨めの豊胸術です。

シリコンバッグ豊胸の効果

シリコンバッグ豊胸の手術方法

脇のシワに沿って数cm切開し、乳腺下または大胸筋下にシリコンを挿入するスペースを作り、患者様ご希望のサイズのシリコンを挿入していきます。

シリコンバッグ豊胸の手術方法1

元々のお胸のサイズがBカップ以上の方は、乳腺下法を。
乳腺の無い方(Aカップ以下)男性の方には大胸筋下法でご案内しております。

体の大きさや皮膚に余裕があるかどうかで術式も変わる可能性がございますので、正確な手術方法に関しては、お胸の状態を診てからの医師の判断となります。

以下に、術式別のメリットとご注意頂きたい事をまとめましたのでご参考になさってください。

乳腺下法(にゅうせんかほう)

シリコンバッグ豊胸の手術方法2

【メリット】
①胸の谷間が出来る
②触感が柔らかい
③ハリが出るため萎んだ胸や垂れた胸に最適
【ご注意頂きたい事】
①万が一、カプセル拘縮を起こした時は体の表面に近い分ごまかしが利きづらい。
②乳腺が無い人(Aカップ以下)には適していません。

大胸筋下法(だいきょうきんかほう)

シリコンバッグ豊胸の手術方法3

【メリット】
①万が一、カプセル拘縮を起こしても大胸筋でカバーされるため、乳腺下法に比べてわかりづらい。
②乳腺が無い方(Aカップ以下)は大胸筋下法が適しています。
【ご注意頂きたい事】
①筋肉の下を剥がし、バックを挿入するため術後の痛みが強い。
②胸に谷間が出来にくい。
③大胸筋で押さえつけられるため、乳腺下法に比べ硬くなる。

水の森で使用しているシリコンの種類

水の森で使用しているシリコンの種類テクスチャードタイプ表面がざらざらしていて表面積が大きいためカプセル拘縮を起こしにくい。

当院では、上記図左のテクスチャードタイプのシリコンを使用しています。

形状はラウンド型(丸型)で、体の動きに合わせて動くため自然なバストを形成でき、しっかりしたサイズアップが可能です。

シリコンバッグ豊胸のメリットとデメリット

【メリット】
・バッグを挿入すると一生物のバストアップが可能です。

【デメリット】
・お体への負担が大きいためダウンタイムが生じます。
・稀にカプセル拘縮が起こります。

カプセル拘縮とは?

体内にシリコンバッグが挿入されると、体が異物とみなし、その異物を排除しようとする生体反応が働き、バッグの周囲に被膜が形成され、圧縮するように胸が硬く厚くなってしまう事をカプセル拘縮と呼びます。

シリコンバッグ豊胸のメリットとデメリット

前項目でお伝えした通り、当院で使用しているシリコンはテクスチャードタイプのため術後のマッサージは不要とされていますが、拘縮のリスクを最小限に抑えるため3ヶ月間のマッサージは必ず行って頂いております。

【ドクターコメント】
当院ではカプセル拘縮を予防するために施術時の剥離方法や術後のドレーン挿入・術後3ヶ月間マッサージ方法のサポートを行っております。なにかご不安なことがございましたら、いつでも検診は無料ですのでお気軽にご相談くださいませ。

シリコンバッグ豊胸の工夫

<患者様に適したシリコンのサイズをご提案>

シリコンによる豊胸術では、患者様がご希望されるある程度のサイズまで、対応が可能です。

ただし、胸郭(お胸の幅)に合わせたサイズ選びをしないと不自然な見た目となってしまうため、カウンセリングでは、患者様の胸郭に合わせ、適したサイズ選びをご提案しております。

シリコンバッグ豊胸の症例写真

シリコンバッグ豊胸の症例写真

施術前

術後1ヶ月目

ハムラ法2

施術前

術後1ヶ月目

ハムラ法3

施術前

術後1ヶ月目

ハムラ法4

施術前

術後1ヶ月目

ハムラ法5

施術前

術後1ヶ月目

ハムラ法5

施術前

術後1ヶ月目

ハムラ法5

施術前

術後1ヶ月目

ハムラ法5

施術前

術後1ヶ月目

ハムラ法5

施術前

術後1ヶ月目

 
 

【施術内容】
胸にシリコンバッグを挿入し、胸を大きくする施術です。
静脈麻酔を使用120分ほどで施術が終わります。
599,000円(税抜)
【リスク・副作用】
痛みや熱感・内出血・腫れが出る可能性がございますが1~2週間ほどで収まります。
創部のしびれが3ヶ月程・傷口の赤みが3~6カ月ほどございます。
【対処法】
当院より処方した内服薬の服用をしてください。
上記のリスクは、時間の経過とともに改善していきます。
通常の経過ですのでご安心くださいませ。

シリコンバッグ豊胸のダウンタイムと注意事項

【当日】
圧迫は翌日の来院まで外さないようお気を付け下さい。
万が一、外れかかった場合は手持ちの包帯やテープなどで固定して下さい。

【翌日 検診】
ご来院いただき、ドレーン抜去と包帯圧迫の再固定を行います。

【3日目 検診】
ご来院いただき、一部圧迫除去・ガーゼ交換を行います。必ずご来院下さい。
抜糸までの間は、ご自身で上胸バンドの着用と処置と圧迫を行っていただきます。
創部の処置方法を検診時にお伝えします。 【7日目 検診】
ご来院いただき、抜糸と圧迫除去(大胸筋下法の方は2週間目まで)を行います。 【 2週間目 検診】
ご来院いただき、状態確認・マッサージ指導を行います。
手術後2週間目からご自身でお胸のマッサージを行っていただきます。 【3週間目 検診】
1週間後にマッサージがきちんと出来ているか検診にて確認させていただきます。

~入浴・洗顔・洗髪・メイクについて~

【当日】
洗髪、シャワー浴はお控え下さい。 【ドレーン除去後】
下半身のみシャワー浴が可能となります。浴槽入浴は1週間お控え下さい。
(体が温まることで血行がよくなり、腫れが強くなる可能性があります。)
シャワー浴時は、包帯が濡れない様ご注意下さい。 【抜糸の翌日】
創部の水洗いが可能となります。
石鹸のご使用、浴槽入浴ができます。傷口は優しく洗うようにして下さい。

【注意事項】
・重い荷物を持つこと・上を水平以上にあげる行為はお控えください。
・術後2週間目から、脇の硬さ・つっぱり感・うでの上げづらさなどの症状がでてきます。
※入浴時に硬くなっている部分をほぐすようにマッサージしてください。
・内出血は個人差がありますが、1~2週間で消失いたします。
・術後3ヶ月間は、胸の固定を防ぐためブラジャーの使用ができません。
・術後1ヶ月を経過すると、胸が固定されないパット付きのキャミソールやスポーツブラの使用が可能です。
※ワイヤー入りのブラジャーは、術後3ヶ月より使用していただけます。
・当院で購入していただく圧迫用のバンドは圧迫が終了すれば捨てていただいても構いませんが、再手術が必要となった際には再度購入していただく必要がございます。
・腫れや浮腫みが強くなるため、お身体を温めすぎないようお気を付けください。
(激しい運動・長時間の浴槽入浴・サウナ・飲酒など)
・内出血は個人差がありますが、1~2週間で消失いたします。

シリコンバッグ豊胸の施術費用

シリコンバッグ豊胸 599,000円

バック抜去(当院)200,000円
バック抜去(他院)200,000円
バック入替(当院) 500,000円
バック入替(他院) 700,000~円

バストバンドセット(大・小2枚) 5,000円
バストバンド 大 3,000円

※シリコンバッグ挿入の場合はバストバンドセットを、抜去の場合はバストバンド大をご購入頂きます。

※上記は税抜き表示です。

シリコンバッグ豊胸のQ&A

Q. 手術時間はどのくらいですか?

2時間程度となります。手術は眠った状態で行いますので、手術自体はあっという間に感じるかと思います。

Q. 手術中、痛みはありますか?

手術は眠った状態で行いますので、手術中に痛みを感じるご心配はございません。

Q. 術後は痛みはありますか?

1週間程度の痛みがございますので、痛み止めとなる飲み薬を処方させて頂いております。

本ページ監修医師をご紹介

名古屋院院長

西川 陽平 医師

【保有資格】

日本美容外科学会 正会員 / 日本美容外科医師会 正会員 / BOTOX VISTA®認定医 / ジュビダームビスタ®認定医 / 点滴療法研究会 正会員

西川 陽平
【経歴】
平成18年 弘前大学医学部卒業
平成18年 弘前大学医学部附属病院、国立弘前病院 入職
平成20年 弘前大学医学部附属病院 皮膚科入局
平成24年 医学博士号取得
平成24年 水の森美容外科 入職
平成27年 水の森美容外科名古屋院副院長就任
平成30年 水の森美容外科名古屋院院長就任

ご予約・ご相談はお気軽に
名古屋栄で美容外科をお探しの方は、
当院まで、お気軽にお問い合わせください。
カウンセリングは何度でも無料で承っております。