汗止め注射(手のひら・足の裏)の美容整形について

短い施術時間でしっかり汗止めが可能!
ピタリと止まるため、手汗・足汗でお困りの方にお奨め

手のひら・足の裏の汗止め注射の効果

ボツリヌストキシン製剤による汗止め注射は、交感神経の働きをブロックする作用があるため、手のひらや足の裏に注射することで汗腺の活動を抑制し、結果として汗の分泌が抑えられます。

汗腺を取り除くわけではないので、効果は永続的なものではありませんが、半年程度は汗の量を抑えることが可能です。(緊張による発汗も抑えることができます)

手のひらや足の裏に汗をかく理由

交感神経からの過剰な信号によってエクリン汗腺からの汗が増えると言われています。

エクリン汗腺からの発汗の仕方には、温熱性発汗精神性発汗味覚性発汗の3種類があります。

温熱性発汗とは、運動などによって代謝が上がったときに起こります。
精神性発汗とは、緊張したときや元々エクリン汗腺をコントロールしている交感神経の活動が高い場合に起こる発汗で、手のひらや足の裏、ワキなどの限られた部位で起こります。
味覚性発汗とは、辛いものを食べたときなどに起こります。
これらの3つの発汗は、全て汗止め注射で改善することができます。

施術の流れ

まずは注入箇所のデザインを行います。その後創部をしっかりと冷やしてから注入していきます。

処置期間・アフターケア

【手術当日】

●患部の状態・・・腫れ・赤みが気になる事はほとんどありません。内出血が出た場合、1~2週間で消失します。

●清潔・・・施術当日よりシャワーは可能ですが、創部はあまり強くこすらないように気を付けてください。

●日常生活・・・ボツリヌストキシン治療の当日より3日間は熱いお風呂・サウナなどはお控えください。
ボツリヌス菌は熱に弱いため、身体を温めすぎてしまうと効果が弱くなる可能性がございます。
足裏の制汗スプレー・クリームは1週間後よりご使用ください。
ボツリヌストキシンは、筋肉の動きを抑制する作用もあるため注入後、ボツリヌス菌が注入箇所の筋肉に作用し、筋力低下が見られる場合がございます。(注射の効果が切れると同時に改善されます)
注入後、3か月は妊娠を控えてください。(男性の方も避妊をお願いいたします)
※ご不安な点があればすぐにクリニックにご相談ください。

手のひら・足の裏の汗止め注射の施術費用

一律価格でご案内しております
100単位 75,000円

※上記は税抜き表示です。

 

手のひら・足の裏の汗止め注射Q&A

Q.どのくらいの期間効果がありますか?

効果には個人差がございますが、施術後1週間程度で発汗減少を実感していただけるかと思います。
術後3ヶ月頃にかけて効果はピークとなり、その後徐々に効果の実感が減少し、5~6ヶ月かけて元に戻ります。
効果の実感が薄い場合は、術後1ヶ月以降で再度注入することが可能です。

 

Q.ボツリヌストキシンによる筋力低下で日常生活に支障はないですか?

解剖学を熟知した医師が、2㎜ほどの浅さで皮内に注入しております。
そのため、日常生活に支障をきたすほどではございませんので、ご安心下さい。

 

Q.施術中の痛みはありますか?

手のひら・足の裏は感覚神経が敏感なため、その他の部位に比べると痛みを強く感じる場合があります。創部を冷却しながら注入しますが、ご不安であればオプションで笑気麻酔(¥5,500)をお付けいただくことも可能でございます。(※お時間帯によってはご希望いただけない可能性もございます)

 

本ページ監修医師をご紹介

名古屋院院長

西川 陽平 医師

【保有資格】

日本美容外科学会 正会員 / 日本美容外科医師会 正会員 / BOTOX VISTA®認定医 / ジュビダームビスタ®認定医 / 点滴療法研究会 正会員

西川 陽平
【経歴】
平成18年 弘前大学医学部卒業
平成18年 弘前大学医学部附属病院、国立弘前病院 入職
平成20年 弘前大学医学部附属病院 皮膚科入局
平成24年 医学博士号取得
平成24年 水の森美容外科 入職
平成27年 水の森美容外科名古屋院副院長就任
平成30年 水の森美容外科名古屋院院長就任

ご予約・ご相談はお気軽に
名古屋栄で美容外科をお探しの方は、
当院まで、お気軽にお問い合わせください。
カウンセリングは何度でも無料で承っております。