眉下切開 の美容整形について

加齢によりたるんだ瞼を眉下で切開し
スッキリぱっちりとしたお目元にする施術です。

眉下切開 (眉毛下皮膚切除)の効果

 

 

眉下の余分な皮膚を切除して、瞼のたるみを取り、自然な形状の上まぶたを保つ施術です。

 

年齢を重ねるにつれて瞼の皮膚が弛んでくると、少しずつ二重の幅が狭くなってきます。
この時、覆いかぶさる瞼の皮膚(たるみ)を切除し、重たい瞼をスッキリさせ、二重幅を改善する治療です。

瞼のタルミ取りは、二重ラインで皮膚切除をする施術と、眉毛下で皮膚切除をする施術があります。
二重のラインでの皮膚切除をする場合は、まぶたが厚ぼったくなることがありますが、眉毛下の皮膚の切除した場合は自然な形状になります。
※一重瞼の方は、二重埋没法二重切開法で二重をつくってから眉毛下切開を行うことも可能です。

眉下切開 の手術方法

眉毛下の余分な皮膚と皮下脂肪を、毛根を出来る限り温存する形に切除します。
場合により、眼輪筋も切除し縫合します。

 

 

眉下切開の症例写真

 

もともと二重の患者様でしたが、加齢によりまぶたがたるんで二重幅が狭くなってきたことがお悩みでした。
目の開きが良くなり、まぶたの窪みも改善されています。

【施術内容】
眉下切開(眉毛下皮膚切除)
【リスク・副作用】
痛みや熱感:2日程
内出血・腫れ:1~2週間程度

 眉下切開 のダウンタイム

【施術当日】
アイメイク以外は、当日から可能です。
※メイクは拭き取りタイプのもので落としてください。
入眠時に枕を高くしていただくと腫れの軽減になります。
痛みや熱感が強い場合は、傷口が濡れないよう保冷剤で冷やしてさい。
飲酒は1週間ほど控えてください。
【翌日】
シャワー浴が可能となります。
水洗いの洗顔が可能となりますが、石鹸のご使用はお控え下さい。
※創部はこすらないように注意して下さい。
【術後7日目】
抜糸を行います。
【抜糸の翌日】
石鹸を用いた洗顔、浴槽入浴が可能となります。
【抜糸の翌々日】
アイメイクが可能となります。

 眉下切開 のリスク・副作用

眉毛が細くなる(眉毛の形が変わることがある)
眉毛の下部分を切除するため、眉毛が細くなることがあります。
産毛がなくなって喜ばれる方もいるため、感じ方に個人差があります。
目と眉毛の距離が近くなる
上まぶたのタルミが取れる一方、目と眉毛の距離が近くなるため、元から目と眉の距離が近い方には二重ラインでのたるみ取りをお勧めいたします。カウンセリングの際に医師にご確認下さい。
傷跡の回復に時間がかかる
傷跡は徐々にわからなくなりますが、個人差により傷跡の赤みや盛り上がりが3~6か月長引くことがあります。
つり目
上まぶたのタルミが取れる一方、目がつり目になったと感じることが稀にありますが、つり目にする手術ではありません。
タルミの残存
皮膚のタルミが重度の方は、タルミが残る可能性があります。
 

眉下切開の施術料金

218,900円(税込)

 

Dr.NISHIKAWA

名古屋院院長

西川 陽平 医師

【保有資格】

日本美容外科学会 正会員
日本美容外科医師会 正会員
BOTOX VISTA®認定医
ジュビダームビスタ®認定医

西川医師の写真
経歴
平成18年 弘前大学医学部卒業
平成18年 弘前大学医学部附属病院、国立弘前病院 入職
平成20年 弘前大学医学部附属病院 皮膚科入局
平成24年 医学博士号取得
平成24年 水の森美容クリニック 入職
平成27年 水の森美容クリニック名古屋院副院長就任
平成30年 水の森美容クリニック名古屋院院長就任

お問合せ

お電話でのご予約

0120-92-2396

診療時間10:00~19:00(年中無休)

関連施術