1. TOP
  2. よくあるご質問
  3. 目・二重
  4. 下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)のよくあるご質問

よくあるご質問

下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)に関するご質問

下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)に関するご質問

下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)手術時間はどれ位ですか?
手術時間は1時間位です。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)術後の経過はどんな感じですか?通院は頻回に必要でしょうか?
術後はムクミを減らすために2日間のテープ固定をして頂きます。腫れは数日間、軽度の浮腫みがある程度で、テープ固定を外して頂ければ目の下もお化粧して頂けますのであまり気にならないでしょう。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目の下の脱脂のあと、抜糸は必要ないのですか?
結膜を糸で縫合すると抜糸までの間、目の異物感が強く残ります。結膜は縫合しなくてもきれいに治りますので、抜糸の必要性はございません。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目の下の脱脂手術の痛みはどれくらいですか?術後の痛みはどれくらいですか?
痛みは1-2日多少ジンジンする程度であまり気にならないでしょう。手術中はチクッとする麻酔の注射が終われば、痛みはありません。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目の下の脱脂の傷口は気になりますか
目の裏側(結膜側)からの切開となるため、傷口は見えません。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)局所麻酔の痛みを抑える、笑気麻酔があるとき来ましたが、どれくらい痛みが取れますが?皆さん笑気麻酔をされていますか?しているとすれば取れ位の割合でしていますか?
術後3日間はテーピングを行います。このテーピングがとれれば、メイクをしていただけます。テープ固定がない部分は、術後すぐにでもお化粧してもかまいません。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目の下の脱脂の腫れはどれくらいですか?人に会えない期間がどれくらい続くものですか?
腫れに関しては個人差がありますが、数日多少ムクム程度ですのであまり気にならないでしょう。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)内出血はおきますか?起こった場合どれくらいでよくなりますか?
当院では出血を即座に止血し、放置したまま手術を進めることはありません。そのため内出血の頻度は極めて低く、患者様に支持されております。しかし、中には内出血が起こるケースもございます。その場合でも、術後徐々に改善してゆき、メイクが出来る頃(7日前後)には、メイクで隠せる位には改善してゆきます。10日前後で薄れて気にならなくなります。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目の動きに影響はありますか?
目の下の脂肪を取るだけですので目の動きに影響はありません。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)三白眼になる可能性はありませんか?
三白眼とは黒目の下の白目が通常の状態で見えていることをさします。脱脂のご手術は脂肪を取るだけですので三白眼になることはありません。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)眼窩脂肪を一緒に取ることで、膨らみが取れるとのことですが、逆にくぼむことはないですか?また、皮膚の弛みがひどくなることはありますか?
眼窩脂肪を過剰に取り過ぎると窪みが出る事は起こりえます。また、弛みについても肌に弾力性がある方はタルミが出ることは少ないですが、もともとタルミがある方は、それが悪化する可能性はあります。このデメリットをなくしたものがハムラー法と呼ばれる手術ですので、タルミ・窪みも解消したい方はハムラー法をお勧めしております。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目の下の脱脂術でたるんだ皮膚を引き締めることはできますか?
結膜側(まぶたの裏)からの切開となるため弛んだ皮膚をとることはできません。たるみがある方はハムラー法で、眼窩脂肪の処理と同時に皮膚の処理を行うとたるんだ皮膚の引き締めもできます。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目の下の脱脂術で目の下の小じわを改善することはできますか?
下眼瞼の脱脂のみでは小じわの改善効果はありません。目の下の膨らみを取る効果のみの手術となります。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)瞼の表から手術をする方法もあると聞きました。その方法だとたるんだ皮膚を同時に取ることはできますか?
その場合、皮膚を同時に切除することは可能です。ただし、表から脱脂と皮膚切除を行っても窪みが残る可能性と再発の可能性が残ります。このデメリットを解消したものがハムラー法の手術となりますので、当院では目の下のたるみの解消にはハムラー法をお勧めしております。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)一回手術をすると一生維持できますか?再発はないですか?
目の下の脱脂術は、簡単に言うと目の下の膨らみの原因の脂肪を取ることで、目元を若返らせる手術です。しかし、術後から徐々に脂肪の膨らみは出てきます。そのため、手術をしてから10年15年、人によっては数年で、再び眼窩脂肪の膨らみが出てくる可能性もあります。その時は、再度手術を行う事で改善させることは可能です。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)人に絶対にばれたくありません。目の下の脱脂術をした後に人にばれる事はありますか?
2日目後の圧迫除去後からメイクが可能となり、むくみはメイクで隠していただく事ができます。むくみが落ち着けば傷口は皮膚側にはないため、人に気付かれる心配はありません。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目の下の脱脂の後、コンタクトレンズはいつからつけられますか?
一週間程度で使用して頂けます。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目の下の脱脂の後、洗顔はいつからできますか?
洗顔は圧迫除去後の2日目より石鹸での洗顔が可能となります。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目の下の脱脂の後、お化粧はいつからできますか?
下眼瞼のお化粧は圧迫除去後から可能です。それ以外の上まぶたなどのメイクは当日からして頂いても構いません。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目の下の脱脂の後、エクステはいつからできますか?
1か月以上経てば大丈夫と説明しています。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目の下の脱脂は当日手術はできますか?
ご希望の日の混み具合にもよりますが、待ち時間を了承の上では可能な時もございます。事前にご確認いただく事をお勧めします。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)アレルギー性結膜炎がありますが、手術はできますか?
手術自体可能ですが、術後に目をこすりますと、結膜側の傷口よりの出血が起こる可能性があります。結膜炎をコントロールした状態での手術をお勧めします。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目と目が離れているのが気になります。目頭切開をすると両目が近くなりますか?
目頭切開は目を内側に広げる手術です。結果として、両目が近づきます。目と目の距離が離れていることを気にされている患者様にはとても良い手術です。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目頭切開が向いていない人はどんな人ですか?
もともと目と目が近い人は、目が近くなりすぎる可能性があります。また蒙古ヒダと言うヒダが少ない人は効果の実感が少ないことがあります。一度カウンセリングに来て頂けると、実際のお顔を拝見させて頂いた上で適切なアドバイスをさせて頂けると思いますので一度お話をお聞きにいらして下さい。
下眼瞼脱脂(目の下の脂肪取り)目を横に大きくしたいです。目頭切開と目尻切開はどちらが効果的ですか?
その人の目によります。顔全体のバランスがとても大事になりますので、バランスを見たうえで、目頭・目尻どちらが良いのかの判断が必要です。一般的には目頭切開の方が目を横にする効果が高い場合が多いです。一度カウンセリングに来て頂けると、実際にお顔を拝見させて頂いた上でどちらが効果的かもお伝えできるかと思います。