生きる目標

最近私にも子供が生まれました。幼い我が子を前にある時ふと考えたことがあって、自分が生きる目標とか意味ってなんだろうって思ったのです。
まるで思春期の若者が考えそうなことで、なんでこの歳になってと、ちょっと恥ずかしい話ですが・・・。
人間は人生で何に充実感や満足感を得られるのか、当然人それぞれ違うと思います。なので、もちろん人によって人生の目的は異なるでしょう。しかし、人間も生物のひとつと考えれば、あらゆる生物が共通している生きる目的があります。それは種を存続させる、つまり子孫繁栄です。これが大きな生きる意味のひとつなのではないか、そしてひょっとして人間も例外ではないのではないか、という考えを持ちました。
動物は環境に適応した者、強い者が多くの子孫を残すことができます。
ただ、動物のように沢山子孫を残すことが、同じく人間にとっての子孫繁栄というわけではない気がします。
これは偏見になってしまうかもしれないですが、極端な例をあげると貧乏子沢山が人間の勝ち組か⁉ と言われれば、人間の世界では当然疑問です。
人間のように高度な文明をもち、さらには現代の日本のように発展した社会では、社会的弱者と言われる人でもなんとか生きていくことができるし、子供を産み育てることを社会が補助してくれます。
野生の動物のように多くの子が食物連鎖や病気、災害で命を落としてしまう世界とは違い、今の人間社会では子孫を残すために可能な限り沢山の子供を作るという必要はありません。
私の考える人間における子孫繁栄は、多様性があり複雑に入り組んだ現代社会の中で、親が死んだ後でもこの社会に適応しその中でまっとうに生活を成り立たせる力を、我が子に身につけさせることができるかどうかだと思います。そしてさらにその子供が孫へと世代を超えて受け継ぐことができるかが、人における子孫繁栄ではないかと考えました。
子孫繁栄が人生の目的。それを実感するエピソードとしては、自分の親の話です。
私は男ばかりの四人兄弟です。
今では我々子供たち四人が大人になり、社会の中で自立してしっかりやっている。またそれぞれが自分の家庭を築き、家族を支えて頑張っている。
両親は正月などで家族全員が集まったときに、その大勢で賑やかにしている光景を見るのが好きだと言います。なぜなら満足感、充実感、人生の中で何か大きな目的をやり遂げた達成感を実感できるからだそうです。
子孫繁栄の喜び・・・若い時には分かりようがないし、両親のようにその年齢になってそれを達成して初めて感じる物なのだと悟りました。
きっと、若い人にこんなこと話しても、子供がまだいない時には実感もないし、どうしようもないじゃん?となってしまうでしょう。
しかし、将来子供を導き社会の中で生きる力を身につけさせるために、若い人でも今できることがあると私は思っています。それは二十代三十代の今、必死に頑張ってこの社会を生きていくことです。いかに多くを経験して学んで成長できるか、がとても大事です。
子供は親を見ています。良いことも悪いことも親から学んで成長します。
社会で必要な常識、マナー、人との関わり方、頑張り方・・・親から子供に伝わるものは枚挙にいとまがありません。
親が非常識なら子供も非常識になるし、礼儀を知らなければ子供もそうなってしまうものです。
親がこれまで困難から逃げてばかりの人生だとしたら、子供が嫌だ頑張りたくないと言えば、嫌ならやめてもいいんだよ、と甘やかすことしかできないでしょう。だって、頑張って乗り越えた先に何が得られるか、視野を広げるとどんな可能性があるか、など子供に教えようがないではありませんか。
ある昔の政治家の言葉で、人生において何を成さなければならないか、何を残したかでその人の価値を示したものがあります。

「金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。」

つまり、次世代を担う人を育てて残し、後世に受け継いで行くことが、最終的な人の生きる目的だということです。
今、社会に出て若い人達はみんな必死で頑張っていると思いますが、なぜ辛いことがあってもやらなければならないのか?何のために頑張るのか?と、悩むこともあるでしょう。もちろん今自分が生きるためでもありますが、一方で子供やその孫に多くのものを伝えて残し、社会の中で生きる力を身につけさせるため、という捉え方もできます。
会社も同じで、会社の繁栄にはやはり人を育てること、だと思います。いくら素晴らしい商品、サービス、システムがあっても人が悪ければ最後には潰れてしまうのではないでしょうか。
生きる目的、働く目的を考えた時に、自分自身のためでもあるが、自分が成長することが、自分に関わる人、自分の後に続く人、そして愛する我が子を育てることに繋がると思ってみるのも、人生の良いモチベーションに繋がるのかなと思います。

自己肯定感

人は老若男女誰でも、意識的にも無意識的にも自己肯定感を得たいと思って生きているものです。
自己肯定感とは自分は大切な存在だ、かけがえのない存在だと思う感情、感覚のことです。
自分に自信が持てたり、自分を好きになることで、物事に積極的になれたり、他者との関係性をうまく保つことができたり、色んな意味でとても必要なものだとされています。
ではどうすれば自己肯定感が得られるのでしょうか?
小さな子供であれば周りの人から、特に親から愛情を受けていることで得られたりするそうですが、大人になると目標を立ててそれを達成したり、周囲から褒められたりいわゆる成功体験をすることで得られるようです。
それでは周りから認められているという感覚、愛されているという感覚、自分が有能な人間であると感じる感覚、つまり自己肯定感をこれからさらに得るためには? そこには大きく分けて2つの方法があると思います。
一つは、まっとうに努力して何かを成し遂げて自信をつけたり、自分の能力や技術を周りから評価されたり、人柄に対して好意を持ってもらったり、これらは自己肯定感を得るときには望ましい方法だと思います。
ただし、望ましくない方法に出てしまうケースもあり得ます。
それは周りを下げることです。
自分の実力がなくても、これといって努力してなくても、あの人は間違っていると思えば自分は勝てる、というか勝てた気分に浸れます。
あの人はひどいと言えば自分の正当性を主張できる、というか正しい気分に浸れます。
周りを下げてダメだ無能だとレッテルを貼れば、自分が有能だと勘違いして優越感に浸ることができてしまうのです。
自分の過去を振り返ってみても、若い時にこのようなことをしてしまっていたな、と情けなく思うことがあります。
特に自分にまだ実力がない時にこのような傾向がありました。
例えば、私は学生時代にラグビー部に所属していましたが、下級生だった頃、先輩のやり方に陰で文句を言っていたり、あの人のこういうところがダメだなどと勝手にレッテルを貼ってしまうこともありました。
これは実力不足で自分の思い通りにならない中で、ちっぽけな優越感に浸るためにこのようなことをしてしまったのかな、と今では思います。
でも、自分が上級生の立場になって始めて、その立場の大変さ、先輩たちの偉大さや有能さに気付くのです。そして、過去の自分の考えや行動を後悔することがありました。
周りを下げている間は、自分の成長は妨げられてしまいます。
これに気づかず続けると、周りには同じような無能な人がどんどん増えるだけです。
無能な人の中でどんなに自分がトップをとっても、それは実力があるとは到底言えませんね。
結局、周りの「有能さ」をみいだせない自分が「無能」なだけであって、本当は周りはとても有能ということは往々にしてあるのではないでしょうか。
そして、そういう有能な人達に囲まれて努力するから自分も成長できるし、その先には真の意味での自己肯定感を得ることができるのです。
私が最近、こうなってはいけないと思った最たる事があります。それは、昨今よくニュースで話題になる、少年達が1人を集団暴行して死なせてしまうような事件です。 周囲から評価してもらえない、自己肯定感の低い若者たちが集まって、さらに年下や立場の弱い人間を攻撃する。そうすることで、自分たちの自己肯定感が満たされる感覚に陥っていたのかと感じました。
まさに井の中の蛙、お山の大将といえるでしょう。
人間は自分と誰かを比較することは誰でもあります。でも自分の上にはどれだけでも上がいるし、下にはどれだけでも下がいます。
どちらと比べるかは自分次第。
ここで、私がいま置かれている環境を客観視してみます。
この水の森美容外科のスタッフ達は皆素晴らしい人達が集まってきていると思います。もちろん立場も違うし、それぞれに個性があり、得意不得意はあります。しかし、お互いの良いところを見出したり、自分と違う部分を尊重しあいながら切磋琢磨することで成長し、皆が自己肯定感を得られる環境であることを望んでいます。 私自身、過去の反省も踏まえながら、周りを下げることでちっぽけな優越感に浸ることがないように心掛けていきたいものです。

強くなければ仕事はできない、優しくなければ幸せになれない。

現在私は名古屋院の副院長という立場で仕事をさせて頂いています。人のうえに立つ身となり、同じ職場で働くスタッフのことを考えない日はありません。 水の森美容外科では、スタッフは当院が掲げる理念のもとに考え、行動することを求められています。その理念とは、「患者様中心主義」、「自己啓発の努力」、「相互協力の推進」の3つです。

この言葉を自分の中でどのように捉え、行動に移すかは、当院のスタッフ間で必ずしも統一されているというわけではないのです。私たちのように人と人がふれあう仕事をしていると、すべてをマニュアルで縛ることは不可能です。個々のスタッフが自ら考えて行動することを、それぞれの裁量に任される部分が必ず出てくると思います。
そのようなときに必要とされること、それは「総合的な人間力」ではないかと私は思っています。仕事をする上で技術や知識ももちろん重要ですが、ひとりの大人として、社会人として、当院のスタッフとして、あらゆる場面に対応できるように成長し、「総合的な人間力」を身につけるよう常に求められているような気がします。
なぜ当院がこの理念をこれほどまでに重要視しているのか。私はここで長く働くにつれてその理由が少しずつ理解できるようになってきたのではないかと思います。
。 理念を追求することで得られるもの、それこそが良い仕事をするうえで必要な「総合的な人間力」の向上だと実感するようになりました。
一人一人のスタッフの力の底上げをすることでより良い病院となり、ひいては患者様により良い医療を提供できるのだと感じています。
当院には若いスタッフも多く、明るくフレッシュなパワーで満ち溢れています。私も彼らから日々元気をもらっています。彼らを良い方向に導いていくことが、私の立場における役割だと日々感じています。

ここで、私の好きな言葉をご紹介したいと思います。

「強くなければ仕事はできない、優しくなければ幸せになれない。」

美容外科業界に限らず、社会の中で会社が生き残って永く存続するのは簡単なことではないでしょう。それだけにどんな職種でも個々の職員に求められるものはとても厳しいものです。
そんな中でしっかりと仕事に向き合うために必要なものは強さだと思います。
困難な仕事をやり遂げる粘り強さ。
失敗したり壁にぶち当たったときに乗り越える芯の強さ。
ときに自分の意見を通す気の強さ。
ハードな仕事にも耐える体の強さ。
こういう色々な強さを身につけることが、仕事をする上で必要になっていきます。
ただ、強いだけでは幸せになれるのでしょうか。その根底に優しさがなければきっと幸せになることができないと思います。
例えば自分がのし上がるために、他人を傷つけたり切り捨てたりするような人がいたとします。そんな人とはいくら仕事ができたとしても、誰も一緒に仕事をしたいとは思いませんね。
この人と出会えてよかったと思う人と仕事がしたいですし、優しさや思いやりを持った人達の中で、助け合い協力しあったり、同じ目標のため頑張ったりすることが、社会の中で幸せな人生を歩む秘訣ではないでしょうか。

私の過去を振り返っても、幸せを感じる瞬間には必ず誰かがそばにいました。一人では幸せにはなれないし、幸せは他人が運んで来てくれるものです。 私の日々の生活の中でも患者様やスタッフなど多くの人達と接します。
相手が長く付き合う人であっても一期一会の人であっても、思いやりをもって接することが大切だと思います。
私自身、強さの根底に優しさを持って仕事をすることを常に心がけていきたいですし、当院で働くスタッフ皆がお互いに幸せを与え合う関係であることを願っています。